全力20%

全力20%は日本と海外での生活で感じたこと、旅について、旅先について、ヒューとゆきおが感じたことを全力20%でお届けします!

【DAY89】3人旅最後の日 -また会う日まで!- <自転車アメリカS断記 Jeff Bubry Park, MS>

どうも!全力20%のヒューです!

 

翌日の朝、朝食を食いながら、昨夜の彼女たち来るのかな?ってか馬に乗ってきたら面白いねw なんて話していた直後、彼女たちは本当に馬に乗って現れた!

f:id:zenryoku20p:20181120165154j:image

うおー!5人揃って馬に乗って現れるというのは大変迫力があってカッコイイ!!

 

しかも僕らを馬に乗せてくれました!!!f:id:zenryoku20p:20181120165119j:imagef:id:zenryoku20p:20181120165201j:image
f:id:zenryoku20p:20181120165254j:imagef:id:zenryoku20p:20181120165112j:image
f:id:zenryoku20p:20181120165318j:image

テネとJayは馬に乗ったことがあるそうで慣れている様子でした。俺は大学生の頃紐で引っ張られた馬と飼主さんを中心にぐるぐる回るというのを経験したぐらいで完全に自分でコントロール&自然の中を走るというのは初めてで貴重な体験でした!

最後は3人の集合写真!

これが僕らの最後の集合写真となりました。なかなか良いフィナーレではないか!

f:id:zenryoku20p:20181120165222j:image

5人の女性たちはその後颯爽と去って行きました!いやーカッコよかった!
f:id:zenryoku20p:20181120165124j:image

そして自転車に乗って出発!テネは西へ、僕らは南西へ、再びそれぞれの旅に戻ります!f:id:zenryoku20p:20181120165306j:imagef:id:zenryoku20p:20181120165101j:image

さっきまで3人だったのが2人になると急に静かになり寂しくなりましたが、旅は続きます。
f:id:zenryoku20p:20181120165216j:image

この日はテントウムシがめっちゃくちゃ沢山飛んでいました!アメリカではテントウムシはLady Bugsと呼ばれ、Good Luck(幸運)の印として知られているらしい!
f:id:zenryoku20p:20181120165145j:imagef:id:zenryoku20p:20181120165243j:image

ミシシッピ州では何度か犬を道端で見かけます。

最初の頃は「飼い主はどうした??」「誰かの土地が近いのか?だからいるのか?」「捨てられたのか??」などと思っていましたが、もしかすると捨て犬なのではなく、捨て犬が産んだ犬なのかもしれない。首輪や鎖もない。つまり野犬。

鹿や他の動物と同じように、人に近づくことなくじっくり見つめていて、むしろ隠れようとする。それかそこで吠えることもなくじっとしている。そんな犬たちがミシシッピ州ではよく見かけられる。

おそらく野犬だけど今のところ大人しい野犬たち。人に飼われている犬の方が自転車を思いっきり追いかけてくる率は高い。

f:id:zenryoku20p:20181120165211j:image

ミシシッピ州は木の種類も変わり、松の木がよく見られるようになってきた。それから背の高い真っ直ぐ伸びた木も多い。変な形のも多い。
f:id:zenryoku20p:20181120165248j:imagef:id:zenryoku20p:20181120165231j:image
夕方、買い出しをするためにナチェストレイスから降りて街に出たところ、犬が僕らを追いかけてきて、よく見ると鎖が壊れている。これは捨て犬じゃなくておそらく壊れちゃって野放しになった犬だ!

 

どうする?なんて言いながらお店の人に話しても相手にされず、飼い主を探すなんてどこから来たかもいつからこの状態なのかもわからないし無理。f:id:zenryoku20p:20181120165105j:image

でも僕らの後を付いてくるし、車の交通量も多いし、引かれ死んじゃうんじゃないか??とヒヤヒヤしていたところにたまたま警察が通りかかり、警察が保護してくれました。

 

その後どうなったかはわからないけど、飼い主の元に戻れたことを願う。

 

でも本当にミシシッピ州ではこういったことが珍しくないのかもしれない。

 

夜、キャンプ地で再びキャンプファイヤー

これで3日連続!いいね!
f:id:zenryoku20p:20181120165311j:image
それではまた!