全力20%

全力20%は日本と海外での生活で感じたこと、旅について、旅先について、ヒューとゆきおが感じたことを全力20%でお届けします!

【DAY32】SUNY FREDONIAへの道のり【自転車アメリカS断 Fredonia, NY】

どうも!全力20%のヒューです!

 

今日は我が母校、アメリカにおけるホームタウンと言える場所 フレドニアへ向かいます!

 

昨日泊めて頂いたのは、大学時代同じ声楽科を卒業した友人で、僕の1つ下。

彼はなんと今やフレドニア大学の教授となって声楽を教えているという!

その彼と一緒に住んでいるもう1人の友人もニューヨークシティにミュージカルのオーディションを丁度受けに行ってきたばかりということで今もバリバリ活動中!

 

みんな頑張ってますね!!

俺も頑張らんと!

f:id:zenryoku20p:20180923065359j:image

出発前の1枚 "MORNING AIR"

 

そんなわけでさらばバッファロー

フレドニアに向けていざ出発!

f:id:zenryoku20p:20180923065413j:image

黒く曇っている方がバッファロー。これから向かう先がフレドニア。

今日は嵐が来る予定との天気予報のため急ぎフレドニアへ向かわねば!

f:id:zenryoku20p:20180923065833j:image

ちなみにこのパノラマ写真の目の前はまだ運河で、この下の写真が五大湖エリー湖となります!
f:id:zenryoku20p:20180923065822j:image

見た目は海!しかし湖です!

地図でみると湖の大きさがわかるかと思います。この五大湖に向けてニューヨークシティからハドソンリバーを使い、運河でこの五大湖に荷物を運送する役目がErie Canalだったんですね。中々長い道のり。全部手で掘って作った運河。いやーすごいですね。

f:id:zenryoku20p:20180923070803p:plain

そして今日は久々に馬を見かけました!

季節も完全に秋!五大湖沿いは風が強く今日は完全に向かい風の中約50マイル進みました。
f:id:zenryoku20p:20180923065837j:image

向かう途中にはインディアン・リザベーションもありました!
f:id:zenryoku20p:20180923065827j:image
f:id:zenryoku20p:20180923065854j:image

あまり特別な出来事はなかったのですが、ここはニューヨーク州の中にありながらニューヨーク州とは違う法律で動いています。

例えばニューヨーク州では花火を買うことが出来ません。

しかし、ここでは買えちゃいます!

また、タバコやガソリンにおいても税金が課されないため、安く購入することが出来ることでも有名です。

 

今後南に向かうに連れて、ネイティブアメリカンの文化や歴史に触れられる機会があることを願いながら今回は通り過ぎようとしたその時!

 

「ここらはたまに危ないことが起こるからね!」と言いながら名刺のような大きさの紙をくれました。なんだろうと思いきや『何妙法蓮華経』と書かれた名刺!創価学会の方でした!

 

なんとこんな外国の田舎町にもいらっしゃるんですね!

 

「気をつけてね!」と言いながら彼は去って行きました。

ありがとうございます!

 

そしていよいよ悪天候に。。。
f:id:zenryoku20p:20180923065841j:image

近くのダイナーに入ると悪天候は一気に強まり雷と強風、雨のスコールが訪れました。
f:id:zenryoku20p:20180923065902j:image

今日は割と早くに出発したのですが、Jayの調子がよろしくなく、ダイナーで休みながらお店の人にも心配されるほど。

結果としては軽い熱中症になってしまった様子。

今日は思っていた以上に日差しも強く、暑さもありましたが、風が強かったことが関係したのか暑さに気付かずいつもならしていたであろう水分補給が足りなかったにでしょう。今後気をつけたいと思います。

 

アメリカ横断は本来東から西に向かうのが定番で西から東に向かうのは間違えだという人が多いことが旅を始めてからわかりました。

 

理由は簡単、東から西は向かい風になるんだそうです。

 

僕は基本夕陽を追いかけるのが好きなので向かい風だろうが知ったこっちゃねぇですが、熱中症対策としては今後頭に入れておく必要がありそうです。

 

1時間もすると雨も止み、Jayの体調も最悪から「最」が抜けたぐらいには回復したのでフレドニアに向けて再出発!

雨上がりのお陰で気温も下がり、乗りやすい気温になってくれました!

f:id:zenryoku20p:20180923065846j:image
f:id:zenryoku20p:20180923065850j:image

フレドニアはフィンガーレイクスと同じくエリー湖沿いのため葡萄畑が沢山あり、ブドウの匂いが漂ってきました!

 

そうしていよいよ到着!

SUNY FREDONIA!僕が初めて珈琲を好きに(飲むように)なったスタバ!そして数々のオリジナルソングを生み出したスタバ!

Bicycleもここで作曲しました!

f:id:zenryoku20p:20180923065858j:image

 

懐かしきスタバ フレドニア

今夜は声楽の先生の家にお世話になります!

 

それではまた!