全力20%

全力20%は日本と海外での生活で感じたこと、旅について、旅先について、ヒューとゆきおが感じたことを全力20%でお届けします!

【DAY10】さらばニューハンプシャー州!<自転車アメリカS断記 Lebanon, NH>

どうも!全力20%のヒューです!

 

今日も最高にいい天気でした!

f:id:zenryoku20p:20180826035217j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035213j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035208j:image

Danburyを出て、Graftonという街でコーヒーを飲もうとしたところ、店が何にもない街でそのまま通り過ぎることに。

12マイルくらい走ったのち、Canaanという街でブランチ&コーヒー。

 

Canaanからは一昨日使ったのと同じ、Trailを使うことに!

f:id:zenryoku20p:20180826035306j:image

Trailの入り口にあった看板は東も北も南もすべての標識が1箇所に集められててなかなか分かりづらい看板でした!

f:id:zenryoku20p:20180826035335j:image

今日向かう場所はLebanonというNH州最後の街。

Lebanonから西はもうバーモント州(VT)になります!

 

CanaanからLebanonまでの道のりは緩やかな下り坂!

f:id:zenryoku20p:20180826035411j:image

Trailは基本フラット(平ら)になってます!
車が走る隣の道を走ろうとすれば登り下りが繰り返されています。

昨日あたりからJayの足もだいぶ調子よくなり、一昨日よりも良いペースで走れるようになって来ました。

f:id:zenryoku20p:20180826035517j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035606j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035546j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035550j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035616j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035510j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035622j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035629j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035542j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035531j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035610j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035538j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035601j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035526j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035554j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035522j:image

今日走ったTrailでは前回よりも利用者が多く、川や湖を横目に船、ジョギング、サイクリング、犬の散歩をする人々などがいました。

 

隣の州VT州とは縦に流れる川(White River)が狭間になっています。

 

情報によるとその川沿いでキャンプをすることが可能だそうです。

 

ニューハンプシャー州最後の街で一泊するか、次の州に進んでしまうか考えた結果、Lebanonの街中に滞在することにしました!

f:id:zenryoku20p:20180826035951j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035931j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035935j:image
f:id:zenryoku20p:20180826035957j:image

Lebanonは凄く綺麗な街。

この辺には大学もいくつか固まっていて、Ivy Leagueに含まれるDartmouth Universityもその中の一つ。

Ivy Leagueというのはアメリカで歴史的にも古くからあり、入学困難とされる大学8校のことで、その中にはイエール大学ハーバード大学などと言った有名大学が含まれます。

 

ニューハンプシャー州に自転車で入った一番最初の日に通った街、Exeter には Phillips Exeter Academy というprep schoolがあり、多くの大統領になった人たちがここに通ったということで、こちらも大変入学困難な学校とのこと。

 

Prep Schoolを直訳すると予備校になりますが、浪人生が来るわけではなく、高校生たちが良い学校に入るため、入学する私立高校。

中には住込みで遠くから来られる生徒もいるそうで、日本でいうと歴史あるエリートたちの集まる進学校にあたります。

 

アメリカ合衆国11番目の州ということで、18世紀、17世紀あたりに出来ている街が多く、そういった学校もそのまま今に至り残っています。

 

ニューハンプシャー州は自然が豊かで、逆に言えば何もない街も多く、農業、牧場をやってる人たち、昔から土地を持っている人たちにはいいけど、それ以外ではなかなか職を探すのは大変そうに見える。

勿論街中に行けばあるのでしょうがその街自体が少なく、街中では今度はドラッグやホームレス問題が大きいようで、カフェやレストラン等に行っても気をつけるようにと良く言われました。

 

職についてはニューハンプシャー州以外でも感じることなのでしょうと今は思っていますが、ドラッグについてはどうなのでしょうか。

今後の旅、他の州でどのような印象を得るか、楽しみでございます。

 

それではまた!